2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年04月10日(土)

遠い海見て何思う?

私ですか?
 
そうだな?
 
とりあえず、早番は眠いからイヤ
 
かな
 
 
 
そんなこんなで、こんばんわ!
 
トンモバのユチョン集中レポートで
 
ユチョンが海を眺めて黄昏てる写メ見たら
 
なんとなく、浮かんだ2U小説
 
ちょっと書いてみよう!
 
準備はオッゲー!?な方、続きから読んでください^^

【More・・・】

 
 
日課とも言える
夜のネットサーフィンをするユチョンを
俺は何気なく眺めている。
ユチョンの背中はとてもおしゃべりだ
何か面白いものでも見つけたのだろう
ウキウキしてるのが
背中でわかる。
 
 
「ユノ!ちょっとこれ見て!!」
 
 
顔はこちらに向けず
手だけでチョイチョイと呼ぶ。
 
 
「ん??何?」
601622218_147_20100410201845.jpg

  
少し起き上がりパソコンの画面を覗き込む。
シャワーを浴びた後だからだろうか
隣にいるユチョンからは微かにシャンプーの良い香りが漂ってくる。
 
 
「これ!」
 
 
ユチョンが指差す先には
青く澄み渡った空とエメラルドの海が映っていた。
無人島だろう
人の影もない。
 
 
「はぁ?すごくキレイだね!無人島かな?」
 
 
ユチョンを見ると
目をキラキラさせて語りだす。
 
 
「俺、1回無人島で誰もいない暮らししてみたいなぁ」
 
 
無邪気に話すユチョンとは裏腹に
誰もいない暮らしをしたい
ユチョンにとっては何気なく出た一言だろうが
それを聞いた俺はなんだかわからない寂しさを感じてしまった。
いつも回りに人がいる
もちろん、一人になりたい時間だってあるだろう
だけど・・・
 
 
「電気も何もないところだと寂しいんじゃないの?大丈夫かなユチョンは」
 
 
咄嗟に出た言葉は
なんだか皮肉っぽくイヤな響きになってしまった。
しまったなぁと反省するしかなかった。
しかし、ユチョンはきょとんとした後
笑って言った。
 
 
「え?寂しいわけないじゃん!ユノが一緒にいるのに」
368893962_89.jpg
 
 
「へ?俺も一緒に行くの?」
 
 
今度は俺がきょとん、だ。
なんて間抜けな声だ
 
 
「ユノ、一緒に行くの・・・イヤ?」
 
 
悲しそうな顔のユチョンを見て慌てた。
なんで俺が行くの?みたいな言い方だった。
 
 
「まさか!!もちろん一緒に行きたいよ!
 でも、さっきユチョン誰もいない暮らししたいって言ってなかった?」
 
 
言った。
絶対言った。
 
 
「うん、言ったけど?
 誰もいないところなら周り気にせずユノといられるでしょ?」 
 

ね?と、笑う。 
ユチョンは俺とのために無人島に行きたいと言ったのだ。
俺と一緒にいるために。
なのに俺は・・・
ユチョンは視線をパソコンに移し
聞こえるか聞こえないかわからないくらい小さな声で

 
「ん?きっと出来ないよね・・・」
 
 
苦笑いしながら
俺のほうを見ずに言った。
その背中は小さくとても寂しそうだった。

そんなユチョンの背中を
俺は抱きしめる
しっかりと。
 
 
「・・・ユノ?」
 
 
「ねぇ、ユチョン・・・」
 
 
 
 
 
 
いつになるかわからないけど
約束するよ
一緒に行こう
無人島へ
誰もいない
二人の島へ
明かりなんて無くたって大丈夫
ずっと手をつないでいれば
二人が離れることはないんだから
 
 
lrg_10019103.jpg
 
 
 
 
**********************END***********************************************************************





はい、おしまいw
 
今回はユノ目線です。
 
ユチョン
 
海見ながら何考えてたんだろうな?
 
って思いながら書きました。
 
他のメンバーのこと考えてたのかな?
 
ユノと話したあの時のこと考えてたのかな?
 
それともラーメンのこt(ry
 
なんか、寂しいというか切なくなってしまいました
 
もっと甘いのが書きたいです;;
 

  
 
 


スポンサーサイト
21:36  |  東方神起記事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

サァヤさん^^

おこんばんは

ゆちょ、かわユス♡
パソコン覗きながら背中でウキウキがわかるって
すごくイメージ。。。

ゆちょは船を買いたいんだものね^^
船舶免許はゆちょが取らなきゃだわねww
ゆちょなら大丈夫だろうけど。。。

そんでもって南の島でカメハメハしておいで~

その時はぜひあたしを
カシラッチならぬ
tamiラッチとしてvv

。。。

だから、船酔いするんだって(-_-;)
泳ぐのも苦手なんだって。。。

そうだ!
チャミさまも一緒にいこう!

2人の世界じゃなくなってしまっている件orz。。。

失礼いたしました<(_ _)>
taminnie | 2010.04.11(日) 02:30 | URL | コメント編集

>taminnieさん
あんにょん♪

ユチョは表現力が豊かとのことなので
きっと背中もウキウキわくわくしてたんじゃ
ないでしょうかw
私も一緒にサヤラッチに行きます、ぜひ!

チャミも一緒にいれば心強いですが
ユチョのふくれっつらはきっと
治んないでしょうね~・・・w
全く、可愛いんだからユチョvv
サァヤ | 2010.04.11(日) 14:44 | URL | コメント編集

あぁ~。最後のセリフで泣けた( ┰_┰)

いつか2人の無人島へ行っておくれ。
そのときは、私を・・・どぉ~か私を
ペットとして一緒に・・・(爆笑)
うた | 2010.04.12(月) 15:14 | URL | コメント編集

>うたさん
ユノならきっとやってくれるだろうと言う
そんな気持ちで書きましたw
どーも2Uは切なくなりがちでいかんです;;
 
ほんと、いつか無人島でのんびりして欲しいです♪
私の用意した無人島とか行って欲しいですね~
色んなとこから見守りますw
サァヤ | 2010.04.12(月) 23:13 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sharpe14jp.blog63.fc2.com/tb.php/18-399dde9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。